浜の音楽#0001「音楽に対するこだわり」

◆【かなわない夢】

僕が音楽をやる理由のひとつに「音楽なんて出来ないよ。だって楽器とかないもん」っていう諦めてた人たちにも「これぐらい出来るんだ!」ってコト、表明したかったってのがあるんです。
使った主な道具は、「声」 「パソコンと無料の波長編集ソフト」 「録音機能の付いたmp3プレイヤー」・・・くらいです。
あと「コップの音と、ステンレスのザル」。
ギターとかシンセサイザとかターンテーブルなんて、買えませんよ。高いし。
録音機材も買ってません。レコーディングのスタジオとかも金かかったり何なりで面倒くさかったので、録音できる物を探した結果、mp3プレイヤーがあったわけです。

◆【粘土細工】

音から全部作りました。
だって楽器なんか持ってないし、ネットとかにあるフリー素材も使いたくなかった・利用規約とか読むの面倒くさかったから。
それに、すでに作られた音で音楽作りたくないじゃん。
他人が既に書いた画を使って絵を描くようなものだよ、それじゃ。
全部自分でやってこそ「自分の音楽」じゃん。
そりゃモチロン、パソコンとか波長いじるソフトは使いましたけども。

だから、粘土みたいなモノですよ、僕にとっては。
コネたり切ったりつぶしたりする道具は使うけど、他の人が作った粘土細工は使いませんでした。
自分の作ったモノに自信を持ちたいから。
だって売ってる置物を並べたって、打ってる置物に粘土で飾り付けしたって、100%自分の作品とは言い切れないでしょ。

◆【スタート地点】

でもね、はっきりいますけど、僕はやっぱりまだまだ目標から離れてます。日本語のラップが好きってのもあってか自分が出来そうなのはソレだろうと思って、ラップにしました。
今回のは歌詞のメッセージ性もゼロでただ「ラップしました~、てへへ~」みたいなかんじだし、音の使い方も超手探りだし、そのうえさらに音作りっていう全然低くないハードル。
あと音程もバラバラだし録音の場所・時間・使いこなし加減も正直駄目。だってさ、録音修正したあともハッキリしててツギハギだらけでしょ?(笑)
あと声も出てないし唾液の音とか吐息の音とか・・・ヒドイです。
でも僕のスタート地点はここです。まえにレコーディングエンジニアの方がラジオで
「曲づくりのはじめの頃なんて、ちょっと『納得いかない』って思うくらいでちょうどいいんです」みたいなことを言ってたのを記憶しています。曖昧だけど。
最初からラクラク目標に到達するなんてそんな楽な世界じゃないですし。
ここから上がっていきますよ。だって1曲つくっただけでも超学んだことありましたもん。(笑)
しかもね、この過程を聞いてもらいたいんですけど、声のレコーディングも、段々上手くなってきてるんです(録音の仕方上手い下手ギャップはげしいでしょ、ところどころ)。
あと、でも次はたぶんメッセージ性は・・・・・・あると思いますよ。次何の曲が完成するか100%決まったわけじゃないんで確かなことは言えませんけどね。やっぱ次は螺旋階段かな~~~。

◆【日本語ラップ】

それと、あれですよ。ラップですよ、ラップ。あのね、とりあえず出来る限り英語交じりの日本語ラップとか歌いたくないんですよ。
なんかこういうの嫌いな人の嫌いな理由のひとつでもあると思ったし。
日本人にラップやらせんのは無理あるって思うと思うんですけど、僕は逆だと思うんですよ。英語のラップって、
なんか日本でいう「ラッパーみたく韻踏んでるわけじゃないけど、言葉で遊んでる・舌の転がし方が楽しい」みたいな感じな気がするんですよ。
英語って単語単語でそれぞれ文字の並びようによって・・・・・・たとえば「bike」(バイク)と「mile」(マイル)だと「子音 i 子音 e 」みたいな英語の並びで、
もともと英語自体に並べ方と読みが決まってるんだから韻も何もないじゃないかって気がするんですよ。
そんなの、日本人が「です・ます調」で韻踏んでラップしてるのと一緒じゃないですか?
そこを日本のラッパーさん方は型なんかなくとも聴いてて・歌ってて心地よい「こう韻ふむんかぁ」なんてラップをいっぱいしてるんです。
これ、すごくないですか?
あとラップついでに言わしてもらいますと、ラッパー用語みたいなのも使いたくないんですよ、あんまし。
だってそれじゃ「用語」になっちゃってるもんだから、『ラップなんだからこれくらいゆるして♪』みたいな甘えな感じを僕は感じるんですよ。
「レペゼン」 「リスペクト」 「ディス」 「ライク」・・・・・・まぁ挙げたらきりないですけど、ラップだって曲なんだから、歌詞がある以上、他のやつと一緒のハードルで挑みましょうよ。
普段言って通じるコトバでいきたいです、僕は。

◆【メッセージ】

そしてそして、他に僕が音楽を通してやるべきこと・やりたいこと。
僕がどこかのレコード会社にいる有名歌手やバンド、アイドルたちよりも出来ること、あるんです。
それは、歌詞。どこの誰だか知らないけど、変化球なんだか何なんだかわかんないけど、ストレートな批判はそうないでしょ。
「○○は○○だからダメだ」とか、ほら、「日本人にラップやらせるのは無理がある」とか、
「今のJ-POPはつまんない」とか、「共感しそうなラブソングやっとけば売れるの?」とかそういうの、ストレートに言ってる歌ないでしょ。
ヒワイな言葉とか中傷表現とか、遠まわしにいったり言葉ふせたりしないとテレビ・ラジオに流れることはすくないでしょ。
僕はそれ、みんなに聞かせてやれますもん。事前に「この曲は中傷表現が含まれてます」とか書けば、聞きたくない人は聞かなきゃいいわけだし。
僕は僕に出来ることを、やっていきますよ。

◆【泥棒】

あとね、前からよく言ってますが僕は音楽が好きなんです。
それで、音楽を作って商売している人たちに対して「万引き」行為を働いてるひとたちがいるんです。
それをバラまいて「このアーティスト好きなの~~♪」って言ってる人たちが何もしらず何気なく受け取るんです。

例えば、パン屋さんからパンを盗んできた人が、パン好きの人たちに盗んできたパンをどんどん配る、みたいな。
そしたら「お金払って買うパン」より「無料で全く同じパンが食べられる」の方が良いって感じるじゃん。
パンをもらう人はそのパンが盗んできた物って事を知ってか知らずか、「おいしいんだから良いじゃん」って気持ちで食べるんですよ。
当然、そんなことしたらパン屋さんは大赤字じゃん。
そこで、パン屋に警備員を雇うんです。
でも、泥棒さんはさらに知恵を絞ってまたパンを盗っていくんですよ。
パン屋さんの経済状況はどうなったかというと、盗まれる量はほとんど変わらない上に、警備員に支払う給料の分もあったりして余計に赤字ですよ。
本来払うはずのない金まで払わなきゃいけないんです。

そういう事がね、大好きな音楽で堂々とされているから、なおさら納得いかないんです。
でもさ、そういうことを気軽にやってる人たちがあまりにも多すぎるから、僕が熱心に説教みたいなことしたら100%嫌われるでしょ。
「これは盗んできたもので、犯罪なんだよ!作った人たちを傷つけて苦しめてるんだよ!」って言ったら冷たい目で見るでしょ。
「タダで気軽にパン食えて美味しいんだから・音楽聴いけて楽しいんだから、良いじゃん」って。
友達は大事だから出来るだけ無くすような事したくないんだけどさ、どうしたらいいかなぁ~って。
それでさ、考えたんですよ。
皆の気にいるような音楽を僕が作って、それをタダであげるからそれで我慢してくれないかなぁって。
あと後々作るかもしれないけど、今言ったみたいなメッセージを詞にして曲作ればさ、こういうことをやっちゃダメなんだよって言ってればさ、皆気付いてくれるかもしれないじゃん。
あ、でもあれですよ。この時点から言うのはまだまだ笑われる話ですけど、タダで配るっていっても著作権を放棄したわけじゃないですからね、僕は。
僕の曲は、僕の曲です。私的範囲を超えるような2次配布などはしないでくださいね。
ルール・・・・というか常識を守って、楽しくやっていきましょうよ♪

コメント

 [しぃ]

浜たん 今パソコン壊れてるから週末聴いてみます(´・ω・`)
浜たんはすごいよ~
あたしもがんばらなきゃ、あたしは音楽よりも今は仕事か(><;)
あたしはいろいろ理由つけては音楽挫折してるから浜たん見習いたい。

聴いたら感想書きます!

 [浜]

しぃさん。
うわぁぁぁ、なんかいろんな人に聞かれてるわ~(笑)
今回はとりあえず「曲が出来ればとりあえずそれ以上の贅沢は要らない……とりあえず形だけでも…」みたいな事考えてたので……(超いいわけ)

これで弾みがつけばいいな。
しぃさんも、音楽・仕事頑張ってくださいね!
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

僕を支えてきてくれた愉快で大切な音楽たちを日々の出来事とともにこの場所に刻んでいきます。

浜

Author:浜

Twitter (hamajc)

浜(ジェシー) < > Reload

Ham and egG

logo01.png
僕、浜の音楽プロジェクト。音楽作成の環境としては恵まれてない方だと思いますが、今の自分なりに自分のやりたいやり方で作ってます。 詳細はこちら~

ブログ検索