2008年09月の記事

浜の音楽#0012「4曲目」

実際は3曲目ですが、4曲目です。笑

【トゥ・ラブソング / Ham and egG】

lovesong01.jpg


コチラからどーぞ。


解説(言い訳書き)は、
浜の音楽
#0009
#0010
#0011

からどーぞ。
スポンサーサイト



補足の補足(いいわけのいいわけ) ~トゥ・ラブソング編~

浜の音楽

#0009
#0010
#0011

に出てきた曲の紹介です。
「この曲、どんな曲なんだろ」とかって
思ったら聞いてくださいな。


【ヒトリノ夜 / ポルノグラフィティ】
PORNO GRAFFITTI BEST BLUE’SPORNO GRAFFITTI BEST BLUE’S
(2004/07/28)
ポルノグラフィティ

商品詳細を見る


試聴はコチラ。トラック1かな。
ちなみに、「浜の音楽」で言ってた部分はコチラ、トラック8です。
歌詞はこちら~。


【中華料理 / 山崎まさよし】
BLUE PERIOD ~A side集BLUE PERIOD ~A side集
(2005/09/21)
山崎まさよし

商品詳細を見る


試聴はコチラ
(解説で言ってた部分は見つかりませんでした、スイマセンッ)

歌詞はこちら~。


【音色 / KREVA】
クレバのベスト盤クレバのベスト盤
(2008/03/19)
KREVAMummy-D

商品詳細を見る

試聴はコチラ
(解説で言ってた部分は見つかりませんでした、スイマセンッ)
歌詞はこちら~。

【We LOVE Hip Hop / Rhymester】
HEAT ISLANDHEAT ISLAND
(2006/03/08)
RhymesterFull Of Harmony

商品詳細を見る


試聴はコチラ。トラック11ですっ。



あ、あとついでに。
トランスフォーマー リバースコンボイ RMー24トランスフォーマー リバースコンボイ RMー24
(2005/05/27)
不明

商品詳細を見る


この辺の「コミックス」11、12話とかかなぁ・・・。

浜の音楽#0011「トゥ・ラブソングについて」


浜の音楽#0009「Two Love Songについて」
は、コチラ

浜の音楽#0010「To Love Songについて」
は、コチラからどうぞ。

この記事はその2つの続きです。




今回のトゥ・ラブソング、Toの所でも言ったけど要は『ダブルミーニング』みたいな曲なんですよね。しかもその2つの意味には関係がある。……あるどころの話じゃないか(笑)『To』は『Two』を否定してんだから(笑)
最初にこの曲つくろうって思ったときは、『ラブソング批判』の曲はつくりたいなってのはあったんですよ。
でもそんなんじゃ誰も聞いてくれるわけねーだろって思って。
で、どうやりゃ聞いてくれるか。しかも『ラブソング批判』を『ラブソング好き』な人に聞いてもらう……
悪い言い方すると『だまし』ですよね。罠ですよ、『トゥ・ラブソング』は。
曲聞いて『うん、その恋愛は共感できる~っ』とか『泣ける~っ』て言う人、その人たちに向かって言う言葉……。
『ラブソング批判』を『ラブソング』に詰め込みました。
結果的には全然ラブソングっぽくなくなりましたけど(笑)、『Two』の方の詞はフザけて言ってるわけじゃないですよ。そっちも、僕の意見です。TwoもTwoでマジメに考えました。でもToの方が強いかな、この曲のなかでは。
あれだよね、知らない方多いかもしれないけど『トランスフォーマー』シリーズ(どれだったか忘れた)に出てくる、『リバースコンボイ』っていうキャラに似てる……そんな曲ですよ。
リバースコンボイっていうのは(簡潔に説明しますけど)、戦車から変形するロボット(物語上は生命体)で、『コンボイ』の名前ついてるヤツはみんないわゆる『正義の軍のなかにあるチームリーダー』なんですよ、長官みたいな。でもね、リバースコンボイってヤツは、実は『リバースメガトロン』っていう敵(コンボイの真逆)で、見方ぶってて突如裏切るってう(しかも正義顔・悪顔切り換えできるんですよ(笑))超面白アイデアキャラでね、僕それ見たとき『お~!?』って衝撃受けましたよ、そんなキャラの曲です、『トゥ・ラブソング』(笑)

浜の音楽#0010「To Love Songについて」

※浜の音楽#0009「Two Love Songについて」をまだ読んでない方は先にコチラをお勧めしますよ。


【1番】
こっちバージョンは、1番2番両方とも同じこと言ってます。
あのね、今回のこの『トゥ・ラブソング』、『Two』と『To』で詞の意味が大きく変わるって事をやりたかったんですよ。
『To』側で言いたいこと、それは『ラブソング批判』。『To Love Song』は『ラブソングへ』みたいな意味でとらえてもらってOKです。
さてさて。まずですね、
16小節……でいいんですよね、そのうち4小節ごとに、僕の好きな曲が隠してあります。(笑)
1つめ、ポルノグラフィティさんの『ヒトリノ夜』。
『癒しの声』……まぁキレイな歌声がラジオとかでよく聞こえてきますよ、だいたいは『恋愛』を彷彿させてもおかしくないような歌詞になってますよ、ホントは何言いたいかわかりませんけど。
でもどうも身近に感じられない、なぜならば『ヒトリノ夜』の最初にも出てきます、百万人とか大量の人々の為に歌われたよく分かんねーラブソングなんかに、僕は簡単に思いを重ねたりしませんよ、出来ませんよ、超抵抗ありますもん。
そんなの言ってみりゃ『王道』でしょ、『王道』扱い。人の苦労も知らないくせにわかった気になってんじゃないよと、自分なりの考えが『共感できる』×何万とか何百万……なんか腹立ちません?
『何も言わずに気持ち通じ合えたなら』……わかるかなぁ(笑)僕が一番好きなラブソングです、山崎まさよしさんの『中華料理』。今のラブソング歌ってる方がたってのは、一体どういう考えして……まさか若者に聞いてもらって……『人気』『金』とかそういうことばっか考えてんじゃないの?って思っちゃうくらいですよ。その思考が僕らみたいな人と共感できたら……『それなら納得できる』っていう答え知れれば、僕だって素直にラブソング聞けるようになれますよ、きっと。
『暖かく包む毛糸』……わかんないよなぁ、これはさすがに(笑)KREVAさんの『音色』です。『愛してんぜ音色♪』ってサビのやつね。恋愛の歌みたいな歌詞で音楽に対する愛をラップしてる曲ですよ。超かっこいいです。
『ラブソング批判』で、しかも『有名』なんて言葉とはかけ離れてる僕ですが、ラブソング歌ってる人だって人間なんだし、お互い意思通じあって僕みたいに『(特に今時の)ラブソング、嫌い~』なんて言ってる人たち(そんな少なくないでしょ?)にも『こういうことなんだ』って伝えたいですもん。
『I Love ○○』……これね、その前の韻から推測してもらうとわかるんですけど、Rhymesterさんの『We Love Hip Hop』です。『ジャンル差別~』とか……まぁ差別というか、差別……差別しますよ、します。
僕は『Hip Hop』が一番こういう『物事に対しての意見・批判など』って事、メッセージ性が濃い曲つくったりってこと、一番してるジャンルじゃんかって思うからですよ。『俺はこのゲームが好きだ!』とか『9.11テロで日本人が騒いでるのって、単にアメリカで……カメラの前で起こったからじゃないの?そんなのカメラない所じゃ毎日やってんだよ』とか『大人って信用できないよな、でも今じゃ俺も大人か……』とか『このサギ占い師!』とかそういう事、全然ほかのジャンルで言わないでしょ、せっかく歌詞があるんだし、言いたいことあるんだったら聞くだけで嘆いてないで、同じ土俵に立って言え!と、言いたいですよ。
そういうのがメディアに出ないで、恋愛っぽい話ばっかしてんのはおかしいですって!嫉妬というか、頭きますよ!ほんと!


【2番】
『最近聞き飽きてきた言葉たち』……よくありますよね、『Love』とか『愛』とか簡単に言ってる歌。笑っちゃうくらい使いすぎですよ(笑)そりゃ今の若者が『愛』を軽いものだと勘違いしますって(僕が今予想してる『愛』ってのも違うって思いますよ)。
『男女』の仲で言ったら『倦怠期』的なところですよ。
愛って何だよって……ラジオできいて僕も共感したんですけど、煩悩108あるんだし、今感じてんのが全てじゃないでしょと。
こんだけ曲がつくられてりゃそりゃいくつか似た曲……被ることもありますよ、そりゃね。
でもさ、いくら新しい曲でも全部が全部同じ内容の教科書じゃつまんないでしょって言いたいんですーっ。
でね、『そう?耳悪いんじゃない?どれとどれが同じ歌よ?』っていう方々にいいたいんですけど、どこが好きでどこが嫌いとか、そういう交流した方がいいと思うんですよ、これはラブソングに限ったことじゃないですけど。
JPOPだとか、ロックだとか、ヒップホップ、レゲエ、バラード、アイドル、アニメソングとかいろんなのありますけども、ファンの人とかってだいたい『ほかのジャンル』をけなしてばっかりじゃありません?もっとさ『こういうところがいいんだよ』ってお互い教えあった方がいいと思うんですよ、そうすれば互いに嫌な気分しなくていいし、もしかしたら新しい音楽の形がうまれるかもしれない。僕、正直僕の興味ないジャンルの音楽の良いところ、教えて欲しいですもん。いろんなのから影響うけたいですもん。
でも、意見交換して『ここがいい』って言われた部分と『俺ここがダメだと思うんだ』って思ってた部分が重なっちゃったら……それでもダメなら……仕方ないかな、ですけど。
だから、そんなこともしないで『あー、ムリムリ、耳が腐る』とか思わんでほしい。食わず嫌いみたいなことして評判落とされても……理不尽な思いしか残りませんもん。

浜の音楽#0009「Two Love Songについて」

【1番】
1つめのラブソングは、わりとあかるめ……思いが通じ合いたくても通じないって気持ちかな。結構苦労しましたよ、書くのは。
通じないもんですよね~、いつも自分を癒してくれてるのに、自分からは何もできない、してやれない。
あとさ、『暖かく包む毛糸でさえも ~ 』とかって歌詞に入れましたけど、皆さん共感してくれんのかわかんないけど、女の子が巻くマフラー!みんな超かわいいの(笑)似合ってんの(笑)萌えーだよ、たぶん、あはは。
僕ね、今は周りにほとんど女子いないからあんまりないんだけどさ、文化系生徒(モジモジ系(笑))だったから、たぶんだいたいの女の子からは避けられてたと思いますよ(笑)
でもね、夢見ちゃうんですよ、そりゃ。
いつかはふたりっきり……あわよくば付き合うとかそういうの、出来たらいいな~って。


【2番】
2つ目のラブソングはちょっと冷めきった形にしてみました。
『好き』『愛してる』『キレイ』『かわいい』……言い過ぎると飽きちゃいますよね。説得力薄まるっていうかさ。
『愛してる』『愛してる』ってさ、もー『愛ってなに?』なんてなっちゃう。
『答えは風に舞ってる』とも聞きますし、『恋愛の教科書』とかもそういうのも聞いたことないわけじゃないですよ。でもさ、いくら立ち止まっても……出来るだけそんなんには助けてもらいたくないですって。
恋愛にルールなんてないし、どこの誰かも知らない奴に勝手に遠隔操作されてうまくいったって嬉しくないっすよ、正直。
だからさ、嫌味とかそういうのじゃなく、『ここは良いところ・あのときは良かったよ♪』とか、『ここは直した方がいいよ、正直イヤだ』とか、お互いちゃんと言い合える……別にそう感じた時に言わなくていいんですよ、例えば月1とか何かのペースで反省会とかそういうのを設けたりさ。
小さな間違いが拡大してって関係が崩れ落ちるよりさ、小さいうちになんとかしてった方がいいじゃないっすか。
僕はそう思うんだけども、まぁ僕の意見ですよ、これは。

僕を支えてきてくれた愉快で大切な音楽たちを日々の出来事とともにこの場所に刻んでいきます。

浜

Author:浜

Twitter (hamajc)

浜(ジェシー) < > Reload

Ham and egG

logo01.png
僕、浜の音楽プロジェクト。音楽作成の環境としては恵まれてない方だと思いますが、今の自分なりに自分のやりたいやり方で作ってます。 詳細はこちら~

ブログ検索